ウィーンの森 Baden(バーデン)にあるベートーヴェーン・ハウス


ここアイゼンシュタットから30キロくらい北西にBaden(バーデン)と言うウィーンの森を代表する観光地があります。ここは古代ローマ時代から優れた温泉があることで知られ、ハプスブルク家の夏の保養地であったそうです。ちなみにドイツ語で"baden(動詞)"とは『入浴する』と言う意味になります。街には14もの源泉があり歩いているとほのかに硫黄の匂いが漂ってきます。

当時バーデンは高級保養地として多くの著名人が集まる華やかな社交地としても栄えてきたそうです。モーツァルトをはじめ多くの音楽家もここを訪れたそうですがなかでもベートーヴェンはこの街をとても気に入り、バーデンに住み交響曲第9番を作曲したことはあまりにも有名です。

今日は家族でバーデンにある温泉施設に行きました~温泉と言っても日本とは違い水着着用です。温泉施設の近くにはベートーヴェン・ハウスもあるので今日は交響曲第9番がが生まれた家を紹介します。


a0282071_543289.jpg


じゃん!!こちらが第9番を作曲した家です!現在外壁工事中であまり美しくありませんが・・・(笑い)しかも!!アイゼンシュタットから30キロくらいしか離れていないのに雪がぜんぜんありません。

a0282071_55964.jpg


               現在中は博物館として公開されています。

a0282071_565586.jpg


1821~1823年の間、夏の避暑地としてここに住み『ミサ・ソレムニス』を作曲し『交響曲第9番』を完成させたそうです。明日は家族で行った温泉施設を紹介したいと思いま~す。
[PR]

by haydnstadt | 2013-02-17 05:38 | エクスカーション  

<< Badenその2:オーストリアの温泉 雪かき >>