<   2013年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

カメラが・・・・・・

久しぶりのブログになります。実は愛用していたデジカメが壊れたようなのです。。。。十分に充電しても全く動きません。3日間様子を見たのですがやはり動かない。。。幸いなことに撮った写真は全て保存してあるのですがほぼ毎日撮ってた写真が撮れなくなるのはちょっと悲しいです。しばらくは以前撮った写真などを記事とは関係なくても載せようと思います。

いや~先週もいろんなことがありました。まず一つ目は子供たちの大好きな鎌倉の藤井さんから素敵な本が届きました。もう大喜びです。藤井さん有難うございます。そして二つ目はなんと!3月から娘が幼稚園に行くことが決定しました~!!

こちらは3歳~幼稚園に行けるのです。そして保育園は3歳までしかいられないので娘も、もう保育園にはいられないのです。でも・・オムツが取れていればなんですが・・・・

と、言う訳で大慌てでトイレトレーニングをしました(笑)何とか間に合いそうなので来週の月曜日からお兄ちゃんと同じ幼稚園に行けそうです。(クラスは別です)

しかーーーし!ウンチはパンツの中でしちゃいます。まあ、おしっこがトイレで出来ればウンチくらいパンツの中でもいいですよね~(笑)この件は幼稚園が始まってしばらくして事実を伝えようと思います(笑)

一人目の時のトイレトレーニングは周りの子の成長が気になったりして結構ストレスが溜まり夫にあたったりまだできない息子を怒ったりしましたが二人目になると、ほとんどおばあちゃんみたいに目を細めて子供の成長を楽しめますね~一人でお着替えも食事も出来るようになったし、もうママのお世話も終了の時が来たようです。

a0282071_5242426.jpg


a0282071_5313571.jpg


             大喜びの子供たち。藤井さん有難う~

次回のブログから記事とは関係のない写真が載るかも知れませんがご了承ください。
[PR]

by haydnstadt | 2013-02-26 05:35 | Eisenstadt  

Cafe Ebingerの春色のケーキたち

a0282071_4535199.jpg


もう何回か登場している我が家の50メートル先にあるカフェ・エビンガー。私は子供たちを幼稚園に送り届けた後は、ここに来てオーストリア風カプチーノ、"メランジュ"を注文してゆっくりと新聞を読みながら朝の静かな時間を楽しんでいます。同じ時間に来るおじ様たちとも仲良くなり、時々世間話に花が咲いたり情報交換をしたりと少しづつ私もアイゼンシュタット色に染まってきた感じがします。

そして今日はこのカフェで春の色を大発見!!シェフたちが作った新作!手作りケーキたちが春の色をプンプン匂わせて『私いかが~早く注文して~』と言わんばかりにショーケースのなかで今のところお行儀欲スタンバイしていました(笑)

a0282071_4542454.jpg


オレンジチョコレートケーキやレモンタルト、ちょっとニューヨークっぽい感じもします。

a0282071_4544521.jpg


                        春色のカップケーキ!
[PR]

by haydnstadt | 2013-02-22 05:15 | Cafe  

天使たちの休憩時間

a0282071_551992.jpg


この間の日曜日、子供たちを連れて隣の公園にソリーをしに行きました。お天気もよく、多くの人がこの貴重な穏やかな冬の午後を楽しんでいました。その中で3人の外国人シスターたちが周りの目も気にせず、まるで子犬のように無邪気に雪と遊んでいました。初めて雪を見たのでしょう。何を言っているのかわかりませんが本当に楽しそうです。

普段は厳しい規律と祈りの中で生活している彼女たち、自由時間なんてほとんどないはずです。きっと厳しい修道院長も彼女たちの無邪気な心にゆっかりし、特別時間をあげたのではないかな・・・・なんて思いました。

彼女たちの無邪気なパワーに私も惹きつけられてついレンズを向けて何枚か撮っていたら気づかれました。。。。誤りに行ったほうがいいかなと思っていたらなんと3人でポーズをとってくれたのでさらにもう1枚撮りました。神様の使いたち、最近はこんなサービスもしてくれるんですね~(笑)

a0282071_554017.jpg


                    アヒル専用スケートリンク!
[PR]

by haydnstadt | 2013-02-21 05:38 | Eisenstadt  

Badenその2:オーストリアの温泉

a0282071_510519.jpg


一つ前のブログの続きです。今日はバーデンにあるオーストリアの温泉を紹介したいと思います。家族でランチをしてベートーヴェンハウスに行きいよいよ温泉へ!!毎日寒くて外でも長くは遊べないので子供たちはもう大騒ぎ~こちらが温泉がある建物です。

a0282071_5111468.jpg


中はこんな感じ。日本の温水プールみたいです。子供向けのプールや泡が出てくるタイプのプール(温泉)がありそれなりに楽しめます。こちらはもちろん人工的な温泉になります。

a0282071_5115361.jpg


そして!!こちらが本物の温泉になります。外にあるので露天風呂??硫黄の匂いもしっかり感じることができ温度は36度くらいかな。日本の温泉に比べるとかなり温いのですが長時間入っていられます。息子はすごくこの温泉が気に入ったようでパパとかなり長く入っていましたが娘は硫黄の匂いが嫌いみたいですぐに出ていました。

a0282071_5122078.jpg


      息子は浮き輪があれば水の中でも移動できるようになりました~


a0282071_51244100.jpg


この娘は大変なおてんば娘で、全く泳げないのに深さ1.5メートルの水の中に何の恐怖もなく浮き輪もつけずに飛び込もうとするのです!飛び込む直前に何回も周りにいた大人たちに助けられました。去年も同じ時期にここに来て娘は滑って骨折したのです・・・・・

a0282071_513616.jpg


             短い足を組んでリゾート気分を満喫中の娘。
[PR]

by haydnstadt | 2013-02-19 05:37 | クリスマス  

ウィーンの森 Baden(バーデン)にあるベートーヴェーン・ハウス


ここアイゼンシュタットから30キロくらい北西にBaden(バーデン)と言うウィーンの森を代表する観光地があります。ここは古代ローマ時代から優れた温泉があることで知られ、ハプスブルク家の夏の保養地であったそうです。ちなみにドイツ語で"baden(動詞)"とは『入浴する』と言う意味になります。街には14もの源泉があり歩いているとほのかに硫黄の匂いが漂ってきます。

当時バーデンは高級保養地として多くの著名人が集まる華やかな社交地としても栄えてきたそうです。モーツァルトをはじめ多くの音楽家もここを訪れたそうですがなかでもベートーヴェンはこの街をとても気に入り、バーデンに住み交響曲第9番を作曲したことはあまりにも有名です。

今日は家族でバーデンにある温泉施設に行きました~温泉と言っても日本とは違い水着着用です。温泉施設の近くにはベートーヴェン・ハウスもあるので今日は交響曲第9番がが生まれた家を紹介します。


a0282071_543289.jpg


じゃん!!こちらが第9番を作曲した家です!現在外壁工事中であまり美しくありませんが・・・(笑い)しかも!!アイゼンシュタットから30キロくらいしか離れていないのに雪がぜんぜんありません。

a0282071_55964.jpg


               現在中は博物館として公開されています。

a0282071_565586.jpg


1821~1823年の間、夏の避暑地としてここに住み『ミサ・ソレムニス』を作曲し『交響曲第9番』を完成させたそうです。明日は家族で行った温泉施設を紹介したいと思いま~す。
[PR]

by haydnstadt | 2013-02-17 05:38 | エクスカーション  

雪かき

a0282071_524568.jpg


昨夜は大荒れの天気となりまた雪が積もってしまいました。今回も軽く50センチくらいの積雪となり朝から家族総出で雪かき大会となりました。とはいっても子供たちは雪と遊んでいるだけなので大人二人で家の前の歩道と駐車場前の雪をなんとか取り除きました。我が家は二つの道に挟まれているのでホント雪の日は大変なのです。もう体中が痛いよ~

で、家の周りの様子を見てきたら凄い事になっていました~

a0282071_5253132.jpg


見て下さい、この車の雪!マンションに住んでいる人で、駐車場がない人はこのように路上駐車が許可されるのですが雪が積もった日は朝早くに除雪車がやってきて車が走れるように両側に雪を除雪してくれるのですが雪かきに出遅れるとこのようなことになるようです・・・・・(笑)

a0282071_5255676.jpg


               こちらの車も春まで出られないですね~

a0282071_5261655.jpg



このおじさん、どうやら車を出したいようなのですが雪の置き場に困っていました(笑)
って、言うかこの雪の量ムリじゃない~あきらめたほうがいいかも・・・・

a0282071_5263821.jpg


こんな感じに除雪してくれるのですが・・・雪かきは大変です。。
[PR]

by haydnstadt | 2013-02-15 05:47 | Eisenstadt  

カーニバルと灰の水曜日

ブラジル・リオデジャネイロのカーニバルが8日、5日間の日程で開幕したといニュースを読みました。山車や派手な衣装そして打楽器隊の演奏、南半球にあるブラジルはまさに今、夏真っ盛り。写真でみているだけでも現地の熱狂が伝わってきます。

実はこのカーニバル、ヨーロッパにもあるんです。ドイツ語圏ではFasching(ファッシング)といいます。日本語だと謝肉祭になります。キリスト教の行事、灰の水曜日の1日前がFaschingの日となります。

ちょっとキリスト教の基礎知識を簡単に説明しますと、復活祭(イースター)前の準備期間を四旬節と呼びます。四旬節は40日間という意味です。40という数は、イエスが荒れ野で40日間断食をしたことに由来していて、それにならって40日の断食という習慣が生まれたそうです。しかし実際には、復活祭の46日前の水曜日(灰の水曜日)から四旬節が始まります。それは、主日(日曜日)には断食をしない習慣だったからそうです。

そしてこの灰の水曜日の直前に、「カーニバル(謝肉祭)」というお祭りがあります。古代や中世期の信者たちは四旬節に肉食を断っていたので、その前にごちそうを食べて大いに騒いでいたようで、その習慣が今日まで続いているそうです。

そのカーニバルの代表がリオのカーニバルでキリスト教が根付いている国では四旬節が始まる前にちょっと?イヤ・・・かなり騒ぐのです(笑)

リオのカーニバルではセクシーな若い女性たちがセクシーな衣装を着て腰をクネクネさせながら踊りまくっていますがアイゼンシュタットでは・・・・・・・・・・・・・・・

       

       ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

          じゃ~ん!!こちらです!拡大してみましょ~(下の写真)

a0282071_2181481.jpg


太ったオバサンたちが白のかつらをつけ白い頭巾をかぶり何枚も着込んで農業用のトラクターの荷台に座っています。しかも古そうなちょっと見苦しい洋服がトラクターの荷台にかけられています。でもオバサンたちはとっても楽しそう~

a0282071_214602.jpg


           こちらは動物園??かな。どうやら家族のようです。

a0282071_2185613.jpg


こちらは中学生くらいの団体。檻の中に入った女性警察官と男性囚人。発想が面白い~

a0282071_2192135.jpg


             こちらは小学生かな。。お城と騎士団のようです。

a0282071_2195384.jpg


そして窓から風船をくばるドラキュラ。この演出が一番マッチしていました。

a0282071_21101643.jpg


賑やかな1日も終わり今日は灰の水曜日。お肉は絶対に食べていけない日なのです。なのでレストランでも灰の水曜日メニューも登場していました。
[PR]

by haydnstadt | 2013-02-13 22:05 | イベント  

お城のレストラン・ヘンリキのマジパントルテ

a0282071_4563072.jpg


50センチ近くあった雪もやっとここ数日で全て溶けいよいよ春がやってくるのかな~なんて思っていたら週末はまた雪が降りあっと言う間にまた銀世界に戻りました。アイゼンシュタットの春はまだ先のようです。

今日は夫と先日行ったお城のレストランの超美味しかったトルテの紹介です。もう何回かブログの乗せている我が家の隣のエスターハージー城のレストランに時々行くのですが先週の金曜日は夫とランチをしに行きました。ランチメニューはイタリアのお魚でとても美味しかったのですが夫が注文したデザートがすっごく美味しかったので写真を撮りました~

マジパントルテです。濃厚なチョコレートとクリームが数段重ねてありマジパンとチョコレートでさらにコーティングされたアートなトルテでした。
[PR]

by haydnstadt | 2013-02-12 05:14 | Cafe  

出遅れました・・・・

こんなに近くに住んでいるのに出遅れました。。。。もう完売していたのです・・・(涙)

毎年9月に行われるハイドンフェスティバルのコンサートチケット、私が行きたいコンサートはもう既に完売です!!ってまだ2月ですよ!!

フェスティバルまで半年以上もあるけど一番安い席を早めに購入しておこう~なんて思い先日フェスティバルのオフィスまでルンルンしながら行き『かなり早いかと思いますがこの二つのコンサートのチケット2枚づつくださ~い』なんてビックスマイル付きで発言してしまったところ・・・・・・

『あなた・・・・遅いわよ!去年の12月の段階でもう完売しているわよ』と思ってもいなかった返事をされ言葉を失ってしまった私・・・ヨーロッパの音楽祭を甘く見ていました(反省)なんと去年の12月に発売開始されいくつかのコンサートは即完売したとの事。

今年はハイドン&ヴェートーヴェンという組み合わせです。やはりヴェートーヴェンが入るとプログラムが一気にゴージャス&魅力的に見えてきます。というか事実です。音楽家の方のとってもお客さんにとってもヴェートヴェンは特別のようです。

a0282071_5261069.jpg


私が行きたかったコンサートその1:オーストリア・ハンガリー ハイドンフィルハ-モーニー。指揮者はアダム・フィッシャー 演目はハイドンチェロコンチェルトとヴェートーヴェンのシンフォニー第9番。

なんとハイドンのチェロコンチェルトのチェリストは日本人(父)とドイツ人(母)のハーフ、石坂団十郎氏なのです!!!日本にも何回もコンサートに来ていて私も一度聴いた事があります。なので絶対に行きたかったのですが残念です。。。8月くらいにキャンセルがでるかもしれないからまた来てみてといわれました(涙)

a0282071_5263233.jpg


私が行きたかったコンサートその2:そしてなんとスターピアニスト、パウル・バドュラ・スコダも来るのです!!!彼はオーストリアのピアニスト・音楽学者。イェルク・デームスやフリードリヒ・グルダとともに、いわゆる「ウィーン三羽烏」のひとりと言われています。まさかこんな小さな街のフェスティバルに彼のような偉大なピアニストが来るなんて思ってもいなかったのでこのコンサートも絶対に!!と思っていましたがこれまた残念。。。と言うわけでお目当てのコンサートには行けないかもしれませんが9月がとっても楽しみになってきました。

a0282071_5265010.jpg


そして!!こちらが私が出るコンサート!8日です。教会でのミサ中に演奏するのでもちろん無料ですが席を確保したいならば2時間前には行かないと座れません。去年はものすごい人で中にも入れませんれした。日曜日の午前中の演奏なのでフェスティバルに来ている演奏家たちもよく聴きに来るらしいので気合を入れて頑張ります!!
[PR]

by haydnstadt | 2013-02-10 06:08 | イベント  

ウィーン国立劇場の舞踊会

a0282071_5181016.jpg


本日2月8日の各新聞の表紙を飾ったのは昨日行われたウィーン国立劇場での舞踊会の華やかな写真でした。もうとにかく豪華!これぞエリザベートの国オーストリア・ウィーンの社交界!もちろん招待券が来ない限り行けません。なので夫がBankオーストリアの代表取締役になるかウィーンの市長にならない限り私はどう頑張ってもこの社交界には行けないのです。絶対に行かれることは無い舞踊会なのですがやっぱり行って見たいですね~裏技とか無いのかな~子供をエルマイヤーのダンススクールに入れるとか。。。。何か知っている方がいましたら教えてください~

a0282071_5184121.jpg


舞踊会のオープニングは国立劇場のバレエダンサーたちの洗礼された演技で始まったようです。あっ、ちなみに国立劇場には日本人ダンサーの方が5人いるそうです。たぶんそのうちの一人の方がこの写真に写っています。

a0282071_519981.jpg


想像以上の豪華なイベント。この男性二人はお供?でしょうかね~??


a0282071_5193026.jpg


もちろん1人では行けません!パートナーがいないと行かれないのです。

a0282071_5195961.jpg


華やかでエレガントなドレスを着たウィーンのセレブ。さすがウィーンですね~ゴージャスです。
日本では芸能人以外このようなドレスを着る機会が無いですよね~綺麗なドレスを着て舞踊会に行くことは若さと美しさをキープする1つの方法のように思いました。来年はアイゼンシュタットの舞踊会に参加するぞー!!でも・・・ワルツ踊れない・・・・マズルカもポルカも踊ったことも見たことも無い・・・・やっぱりムリですね~
[PR]

by haydnstadt | 2013-02-09 05:57 | イベント