カテゴリ:ウィーン( 33 )

 

ウィーンお散歩:その1

さて今回から数回、ウィーンの市内の写真を載せて行こうと思います。まだウィーンに行ったことがない方は写真を見ながら"ウィーンに滞在したつもり旅行”ができれば嬉しいです(笑)

a0282071_3262891.jpg


前回紹介したうぃーん分離派館を100メートルくらい西に行くとカールス広場と言うウィーン市民の憩いの広場があります。この広場に面してバロック建築の傑作と言われるカールス教会やウィーン博物館、ウィーン工科大学などがあります。こちらの写真はウィーン工科大学の隣の建物なのですがとても綺麗な建物なので1枚撮りました。どうやら学校のようです。

a0282071_3273534.jpg


カールス教会の前を通り・・・・実は教会の中の写真も撮りたかったのですがすごい観光客+入場料が6ユーロだったのでやめました。

a0282071_3283582.jpg


大通りを超えるとニューイヤーコンサートが行われる楽友教会に着きます。楽友教会(手前の建物)とカールス教会のコンビ。ウィーン市内はブラブラと歩いて建物見物だけでも十分に満喫できる街ですね~。

a0282071_329753.jpg


楽友教会から数分で国立劇場となります。なんと正面入り口の真上に巨大スクリーンが登場しました。このスクリーンで中の様子をライブ放送してくれるようです。チケットが買えなかったり小さなお子さん連れの家族にはとても嬉しいですね。サマータイムも始まり夏は10時くらいまで明るいので外でワインでも飲みながらオペラ鑑賞なんて素敵ですね。
[PR]

by haydnstadt | 2013-04-09 03:55 | ウィーン  

ウィーン分離派館

昨日のブログで先週もハードな週だったと書きましたがその理由の1つ、先週の木曜日ウィーンの北のほうにあるDonauSpital(ドナウシュピタール)総合病院に行ってきました。なぜかというと、"親知らず4本全て"を抜かなくてはならなくてその予定を決めに行ってきたのです。。

数週間前に地元の歯医者さんに行ったら親知らずと奥歯の間に虫歯らしき影があるのでひどくなる前に抜きましょう~と言われたのです。しかし抜歯は普通の歯医者さんではできなくて大きな総合病院でしかできないと言うので行ってきたのです。

うわさでは1日で4本抜くと言う話を聞いたのでかなり恐怖もありましたがそれはかなり痛いのでしないらしいです。よかったです。朝一番で行き9時にはもう診察も終わり予定も決まったのでまた美術館にでも行くことにしました。

以前ベルヴェデーレ宮殿の中にある美術館で初めてグスタフ・クリムトの作品を見て大きな衝撃を受けたので今回もクリムトの作品を見ることにしました。今回はオペラハウス近くにある分離派館(ゼセッション)にしました。

a0282071_3471523.jpg


こちらがウィーン分離派館です。19~20世紀にかけてウィーンでは新時代に向けた芸術の創作への取り組む大きな動きがあったそうです。1897年クリムトが中心となり『時代にはその時代にふさわしい芸術を、芸術には芸術にふさわしい時代を』というスローガンの下に分離派を結成しその活動の拠点をしてこの分離派館が建てられました。分離派は絵画だけではなく音楽や文学で活躍する芸術家たちとも交流を展開しました。

金色のメッキが施された3000枚の月桂樹の葉で飾られたドームはとてもインパクトがあります。

a0282071_3475653.jpg


建物の正面玄関上部の壁に掲げられたスローガン(時代にはその時代にふさわしい芸術を、芸術には芸術にふさわしい時代を)

美術館の中は撮影が禁止されているので内部の写真はありませんが、分離派館には1902年クリムトがベートーヴェンに捧げた『ベートーヴェン・フリーズ 敵対する力』があります。全長34メートルを超える壁画です。彼はベートーヴェンの交響曲第9番をテーマとし1つのフリーズを描きました。クリムトの作品はこの1つしかないのですがあまりにも大規模な作品なので1つで充分です。

a0282071_3483689.jpg


これは作品の中のコピーなので撮影できました。コピーでも充分に満足できます。
ウィーンで沢山写真を撮りましたので今週は少しづつウィーンの風景を載せていこうと思います。
[PR]

by haydnstadt | 2013-04-08 04:20 | ウィーン  

ハッピーイースター

主のご復活おめでとうございます。今日はイエス様がご復活された日です。復活祭について詳しく紹介したかったのですがこの記事はまた来年に取っておこうと思います。

ヨーロッパの子供たちはイエス様がご復活された朝は大忙しなのです。それはイースターウサギが夜でてきてタマゴを隠し歩くのでそのタマゴを子供たちは見つけなければならないのです。

タマゴといっても生ではなくタマゴの形をしたチョコレートがイースターが近くなると売られ始めるので大人たちはそのチョコレートを買い、復活の前夜に家中に隠すのです(笑)ちょっとした宝探しみたいな感じ。お天気が悪い日が続いていたので息子は『イースターウサギ来てくれるかな・・・』ととても心配していました。

我が家はパパが早起きをし、コソコソ・ガサガサ小さな音を立てながら10個ほどのタマゴを早朝に隠していました。いつもは布団からなかなか出てこない子供たちも今日は朝から家中を走り回っていました。

そして教会に行き、お昼はレストランでラムを食べ春真っ盛りのお散歩をするのが一般的な本日の過ごし方のようですが、今日も朝から吹雪きです。雪がひっきりなしに降っていたので教会には行かず、しかもお昼はパン・・・・そしてお散歩はムリなので車でドライブ。と言うカトリック信者失格の復活祭をしてしまった我が家です・・(反省)

でも明日はハイドンのニコライミサ曲を演奏しに教会に行きますので頑張って歌ってきます!!!

a0282071_4493582.jpg


ウィーンのベルヴェデーレ宮殿までドライブしました。この空見てください。春とは思えません。

a0282071_450799.jpg

[PR]

by haydnstadt | 2013-04-01 05:18 | ウィーン  

春の雪

a0282071_632739.jpg


Newカメラで初の撮影は雪景色です!日本は桜が満開というのにこちらは日曜日から3日間雪がまたゆりはじめました。もうすぐ4月ですよ~いったい春はどこに行ってしまったのでしょ~

今週の日曜日に復活祭があるため子供たちはまた10日間のイースターホリデーに入り私はもう大変・・・最近娘が本当に怪獣になってきて『ダメ!!』ということしかしないんです。。。たとえば"壁に落書き"は朝飯前のいたずらだし、"冷蔵庫をあさったり"、"ハサミでお人形の髪の毛ををチョキチョキしたり・・"、怒られると『ごめんちゃーい』といってすばやく逃げるし、ほんとに大変です。息子とは大違い。後半年もすればまともになるのかしら・・・子育ては平等ではないような気がします。ママ業体力のみですね~
[PR]

by haydnstadt | 2013-03-28 06:17 | ウィーン  

ベルヴェデーレ宮殿

a0282071_20182564.jpg


やっと暖かくなってきた今日この頃だと思っていたのにまた雪です。しかも吹雪いています。雪+風の組み合わせはほんとに厳しくてまだまだ慣れていません。数日で終わるよと皆さん言っていますがどうなることやら。。

カメラがないと日々の生活の記録(特に子供たちの成長の様子とか)を残せなくて本当に残念ですが後10日間くらいでNewカメラが届くのでもう少しの辛抱ですね。

今日は数年前に行ったベルヴェデーレ宮殿を載せたいと思います。こちらの宮殿ほんとに美しくてハプスブルク家のお城の中で一番綺麗だと個人的には思います。こちらの宮殿の中には美術館もありクリムトの作品が沢山おいてあるそうです。まだ美術館には入っていないので暖かくなったら一人で行ってこようと思います。

そうそう子供たちなんですが娘は幼稚園に行き始めてまだ10日間くらいなのにドイツ語がスラスラ~しゃべれるようになり環境ってすごいな・・・と改めて実感しました。
[PR]

by haydnstadt | 2013-03-14 20:30 | ウィーン  

ウィーン少年合唱団

子供たちの新学期も始まりまた普通の生活が始まりました。やはり幼稚園・保育園ってあり難い所ですね~新学期が始まりこの3日間色々と子供たちの物をそろえるので忙しかったのですがやっと買い揃え今日はゆっくり、となりのカフェハウスでメランジェ(日本で言うカプチーノ)を飲みまたドイツ語と向き合ってきました。

あ~やっぱり一人の時間って大切ですね~朝のカフェハウスはほとんどお客さんもいなく静かに流れてくる音楽を聞きながらのカフェは最高です。っとマッタリしていたら、突然私の携帯がけたたましくなりました。いやな予感・・・・一瞬、電話にでるのをためらいましたが受けてみると・・・幼稚園からです『ヨハネスが体調が悪そうなのでお迎えに来てください』との事。。っというわけでカフェタイム終了~

ママ人生ってこんなものですよね~(笑)新学期が始まり来週あたり風邪をもらってくるかな~と思っていましたが予想は大外れです。明日も幼稚園はムリそうですね~

a0282071_4342479.jpg


実はバアバが帰国した6日の日の午前中、ウィーン少年合唱団が歌っているミサにバアバと参加してきました。彼らが歌っている教会はHofburg(王宮)のなかにある王宮礼拝堂です。(↑上の写真)

日曜日のミサには彼らを含む王宮付属聖歌隊が美しい声でミサ曲などを歌っています。普通の教会とは違いチケットを購入しないと席につけません。立ち見席もあるようですがやはり彼らが歌っている姿も見たいので前もってチケットを購入しておきました。バアバも大喜びしていました。

a0282071_4345195.jpg


ミサは9:15分からですが少し早めに到着したので近くのカフェハウス:Griensteidlグリーエンシュタイドゥルにバアバと入りました。こちらのカフェハウス、伝統あるカフェハウスの1つで、かつて青春ウィーン派の文士たちがここによく集まったそうです。

現在はウィーン少年合唱団の父兄の溜まり場っぽく子供たちの演奏が始まるまでの時間は皆さんここで過ごしているようでした。

a0282071_4352660.jpg


場所は王宮・ミヒャエル門のすぐそばなので、豪華なミヒャエル門を見ながらカフェができます。
このカフェハウスは入る価値ありますよ~でも絶対に窓際に座らなければなりません!!

a0282071_43603.jpg


じゃーん!!こちらがウィーン少年合唱団。かなり見づらい写真ですみません。この日は『ハイドンのニコライミサ』だったのですがソプラノとメゾの部分は子供たちが歌っていました。バスとテノールの部分は大人が歌っていました。もちろんソロの部分も選ばれた優秀な子供が演奏しています。

本当に天使の声でした。彼らは変声期を迎える14歳には合唱団を退団しなければならないので歌っているこの子達は9歳くらいから13歳くらいまでの男の子です。いや~そうとう厳しいレッスンを受けているようですね。後日彼らについて調べたら国内・海外合わせて年間80回のコンサートを行っているそうです。子供なのに遊ぶ時間はないようですね~息子にも一度聞かせたいと思います。
[PR]

by haydnstadt | 2013-01-11 05:27 | ウィーン  

バアバいよいよ帰国

a0282071_510027.jpg


バアバが来て3週間があっと言う間に過ぎました。明日のお昼におは日本へフライトです。なのでお昼は皆で近くのレストランへ行きました。皆で最後にゆっくり食事と思い行ったのですが子供がいるとそういう訳にはいきませんね~(笑)息子はレストランに着くやいなや『ママ~ウンチ出る~』といいトイレへ直行。やれやれ・・と思いきや数分後今度は娘が『ママーウンチ出た~』(笑)椅子に座って食事を楽しめるようになるまでは数年かかりそうですね。。。

子供たちはこの3週間でたくさんバアバと遊び特に娘は日本語がとっても出てくるようになりました。まだバアバも元気なので体力があるうちにまた来てもらいたいですね。バアバ色々有難う~&お疲れ様~

写真はウィーンの王宮庭園のモーツァルト像の前。

a0282071_5103489.jpg


                           モーツァルト
[PR]

by haydnstadt | 2013-01-06 05:24 | ウィーン  

ウィーン1泊2日の小旅行

a0282071_1715480.jpg


シュテファン寺院。午前中まで大雨だったのですが午後は青空になりました。

28・29日とウィーンに1泊2日の小旅行をしてきました。ここから車でも1時間で行けるのですがバアバがウィーンのホテルに1泊してみたいと言うのでホテルを予約したのですがもちろん子供たちももれなく付いてくることになり(笑)結局4人でホテルに泊まりました。

28日は私はフォルクスオペラ劇場に行きました。Mozartのフィガロの結婚を見たのですが久しぶりのフィガロ、なかなか笑えました。この劇場は若手の歌手が多く日本人のかたも専属歌手として所属していて28日のフィガロ役で出演されると聞いていたのですが残念なことにスペイン人の方がフィガロ役として出られていました。

a0282071_1722734.jpg

                          
                       アム・ホーフ広場にて

a0282071_173329.jpg


                          ショッテン寺院

a0282071_1733831.jpg


                ベルゼ証券取引所(ホテルの部屋から撮影)
[PR]

by haydnstadt | 2012-12-30 17:23 | ウィーン  

ウィーン街角風景

明日からクリスマス休みに入ります。9月から始まったこの学期も今日で終わりです。子供たち頑張りました~特に息子は大変頑張りましたよ!

週2回の水泳教室に週1回のピアノのレッスン、もちろん毎日欠かさず練習しています。

そして11月に行われたクラスの劇では主役を務めしかも昨日、市の職員の方たちのためにクリスマスの劇(生誕劇:イエス様が生まれたときの様子の劇)をしたのですがなんと!イエス様のお父様の役、ヨゼフ役を立派に務めました。この生誕劇は2週間前に急に決まった行事のようで2週間前から猛特訓の毎日だったのです!さすがに息子も1度、練習に行きたくないと泣き出しましたが昨日無事に終わり親もホッとしています。

あ~全て無事に終わり安心してクリスマスが迎えられそうです。とにかく明日はなが~く寝ていたいな~(娘に起こされません様に・・・・)

今日はウィーンの街角風景を数枚UPします。

a0282071_540649.jpg


オペラハウス前の建物。建物に大きなリボンが付けられていました。可愛いですね~

a0282071_5393658.jpg


        シュテファン寺院を背にして撮った1枚。グラーベン通り。

a0282071_5404961.jpg


              待機する馬車たち。ウィーンらしい風景です。

a0282071_5413369.jpg


         路面電車と仲良く走らなければならないウィーンの交通。

a0282071_54212100.jpg


最近こちらではこんな乗り物をよく見かけます。この人たちは観光でこの乗り物を使っているようです。自動で動きます。
[PR]

by haydnstadt | 2012-12-22 06:06 | ウィーン  

cafeの名店 OBERLAA でのランチ

実は昨日、書きたい事がた~くさんあったのですが娘が夜中泣き出して行ってみると、体が熱い!!また熱が出ていました。なので途中でブログ中断し看病へ・・・2日くらい前から咳と鼻水が出始めたかな・・・と思っていましたがやはり発熱しました。そして今日は娘の保育園のクリスマス会だったのですがお休み。残念です。なので今日は昨日の続きを書こうと思います。

昨日はバアバとレオポルト美術館に行きランチはCefe OBERLAA でゆっくりと頂きました。子供がいるとCafeってなかなか行けないのでこういう時は思い切りウィーンのCafe時間を満喫することにしています。

a0282071_514534.jpg


      ずらりと並ぶ名店のケーキたち。。。どれにしようか迷います。

a0282071_5152836.jpg


で、今回バアバが注文したのは『野菜のシュトゥーデル・ウィーン』ハーブのソースをかけて頂きます。シュトゥーデルとは野菜やフルーツをパイ生地みたいな薄く延ばした生地をクルクルと丸めてオーブンで焼いた料理・お菓子のこと。野菜やチーズ・お肉などを巻けばメンイとして頂けますし、フルーツを甘く煮たのなどを巻けばデザートとして頂けます。



a0282071_5161184.jpg


私はやっぱりケーキにしました(笑)健康には悪いと思いながらもやっぱりCafeの本場の名店にきたらケーキを食したい!!派です。私が注文したのはレモンケーキ。レモンの酸っぱさもしっかり残っていて甘すぎず満足したケーキでした。



a0282071_5164728.jpg


バアバは食後にアインシュぺナー。日本のウィンナーコーヒーに似ています。
[PR]

by haydnstadt | 2012-12-21 05:45 | ウィーン