カテゴリ:ウィーン( 33 )

 

オペラ『I due Foricari』

今週の月曜日、ウィーンのTheater an der wienと言う劇場でベルディー作曲I due Foscari(二人のフォスカリ)と言う悲劇をオペラを見てきました。なんとこの日はあの世界3台テノールと言われたドミンゴが歌うと言うことですっごく楽しみにしていました。73歳と言う高齢になっても彼の演奏はとても魅力的で劇場の空気を変える力を感じました。さすがマエストロですね。10年前にハンブルクで聞いた時に比べるとやはり声に艶がなくなったかなと感じましたが何十年と歌ってきたテクニックと演技力には感動するばかりでした。やっぱりオペラはいいですね~

a0282071_529502.jpg


             カーテンコ。演出も素晴らしかったです。

a0282071_5301937.jpg


                      マエストロ・ドミンゴ

a0282071_5304551.jpg


   演奏後の拍手がとまらなく、30分以上もカーテンコールが続きました。

a0282071_531914.jpg


なかなか帰らない観客たち!この瞬間にいられたことは本当にいい思い出になりそうです。
[PR]

by haydnstadt | 2014-01-25 05:46 | ウィーン  

王宮前のスタバ

a0282071_1911777.jpg

ウィーンフィルのゲネプロの前に王宮前のスタバで朝カフェをしました。やっぱりスタバが懐かしいです(笑)ロケーションは最高の場所ですね。時々観光用の馬車が目の前を通ったりしていかにもヨーロッパのスタバにいるって感じ。


a0282071_1913591.jpg


                             中はこんな感じ。

a0282071_191475.jpg


ちょっと贅沢ですねこのロケーション。優雅な気分に慣れます。カプチーノのSサイズを注文しましたが日本より大きい感じがしました。値段は同じ位。
[PR]

by haydnstadt | 2014-01-15 19:07 | ウィーン  

ウィーンフィルのゲネプロ

a0282071_5404334.jpg


昨日、ウィーンフィルのゲネプロを見に行ってきました~ゲネプロといえどもチケットを購入しないとは入れません。しかも安くはありません・・・そしてなんと言っても驚いたのはゲネプロといえども満席だったということです。そしてなんとゲネプロの年間チケットというのまであるそうです!さすがウィーンフィルです。超一流オーケストラとなると相当なビジネスになりますね~。

a0282071_541669.jpg


プログラムはシベリウスのヴァイオリンコンチェルトとブルックナーのシンフォニー6番。
指揮者はマエストロRiccardo Chailly そしてソリストはこれまた超一流のLeonidas Kavakos氏。さすがにゲネプロで100%の演奏はしないためシベリウスのヴァイオリンコンチェルトはちょっと物足りない演奏でしたがブルックナーの6番は素晴らしかったです。本当に美しい音。ウィーンフィルしか出せない音を聞かせてくれました。ゲネプロとはいえ満足な演奏でした。

a0282071_5413088.jpg


じゃん!この真ん中でヴァイオリンを持っている人がKavakos氏しかもヴァイオリンは1724年製のストラディバリです。いい音出していました。
[PR]

by haydnstadt | 2014-01-12 05:50 | ウィーン  

ウィーン国立劇場

今日はウィーン国立劇場で行われたバレエ『くるみ割り人形』を見に行ってきました。国立劇場で行われるオペラ・バレエのチケットをゲットすることは非常に難しいと言われています。公演の2ヶ月前に一般販売されるのですがほんの数分で完売です。特にオペラの人気はものすごく私もまだ一度もゲットできたことがありません。

今日行われたバレエも公演2ヶ月前の10月29日の発売開始とともにチケットショップに駆け込んだのにもかかわらずのこりは数枚といった感じでした。しかもその残りの数枚は€189もしくは€10と言う2枚。。。さすがに€200近いチケットは私にはムリなので€10のほうを選びましたがなかなかいい席でした。運良くゲットでき本当に良かったです。

a0282071_510540.jpg


           じゃん!!こちらが正面入り口の階段。豪華ですね~

a0282071_5103392.jpg


                           天井もピカピカ

a0282071_5105992.jpg


        そしてホールの中!!さすがウィーン国立劇場!オペラハウス!

a0282071_511221.jpg


                          オケピットと舞台。

a0282071_5114172.jpg


                          カーテンコール。

クララ役は日本人のKiyoka Hashimotoさんでした。安定したテクニックと豊かな表現力に聴衆も引き込まれカーテンコールの時は『ブラボー』の嵐!!見ていて気持ちが良かったです。しかし!全体的なレベルはロンドンのロイヤルバレエのほうが断然に上って感じです。一人ひとりのテクニックと細かな表現がなんとなくずれてるんですよね。。。ウィーンの国立劇場の舞台はバレエにしてはちょっと小さいかな。。とも思いますので大勢になると込み合っている感じがしてあまり美しい舞台ではなくなってしまう感じ。。そしてオーケストラはウィーンフィル管弦楽団なのですが、微妙な演奏でした・・・クラリネットの方あきらかに音はずしていたし。。オーボエのソロもなんかボリュームが足りなくてえっ??って感じ。チェロは少人数にもかかわらず非常にいい音を出していました。が、しかし時々第1バイオリンが微妙にずれる。。。。。クリスマス明けでお疲れなのかな。。。。と言う演奏でした。でもやはり舞台はいいですね~晴れやかな気分にしてくれます。
[PR]

by haydnstadt | 2013-12-30 05:43 | ウィーン  

インペリアルホテル

昨日はウィーンの日本大使館に行く予定がありついでに楽友協会でウィーンフィルの定期公演のチケットを買ってきました~来年1月、シベリウスのヴァイオリンコンチェルトとブルックナーのシンフォニー6番です。楽しみですね~

そして楽友協会の隣はインペリアルホテルが建っています。と言うわけで今回はインペリアルホテルのカフェに行くことにしました。インペリアルホテルと言えばやはりインペリアルトルテ!カフェの本場ウィーンはとにかくカフェが多くトルテの種類もかなりありますね。その中でもザッハトルテやインペリアルトルテはトルテの中でも超有名。昨日は初めてインペリアルトルテをいただきました。

a0282071_17525747.jpg


                      じゃん!こちらが正面入り口。

a0282071_17532224.jpg


                               ロビー前。

a0282071_17534360.jpg


                     カフェ入り口。モーツァルト??

a0282071_17541760.jpg


                           エレガントな内装。

a0282071_1754526.jpg


中はこんな感じ。落ち着いていますね~アラブの石油王とかもきたりするそうです。

a0282071_17551733.jpg


そしてこちらがインペリアルトルテ!かなり濃厚で食べ応え十分。日本人だったら二人で分けてもいいくらい。私も最後まで食べられなかったです。1つ5ユーロ。
[PR]

by haydnstadt | 2013-12-17 18:14 | ウィーン  

Wiener Philharmoniker(ウィーンフェイルハーモニー)

a0282071_1921459.jpg


昨日はウィーンフィルの公演に行って来ました~もちろん会場はウィーンの楽友協会!実はこちらに来てウィーフィルの演奏を聴くのは初めてだったのですっごく楽しみにしていました。ちょっと風邪っぽかったのですがアスピリンを飲んで体をごまかして行って来ました。

しかもプログラムが超豪華!指揮者は実力若手指揮者のAndris Nelsons氏彼は数年前日本のオケを指揮していましたよね。まだ若かったですがすっかり貫禄を出されてマエストロの領域に入られていました。っと言っても私より若いのよ。。。

そしてプログラムは
Josepf Haydn:Symphonie C Dur Hob.Ⅰ90()
Felix Mendelssohn Bartholdy:Violinkonzert e-moll,op.64
Richard Strauss:Also sprach Zarathustra,op.30

a0282071_1923527.jpg


こちらは公演前の会場。黄金の間と言われているだけあって豪華ですね~でも椅子とかは家なり古くてけしてすわり心地がいいとはいえません。この辺がヨーロッパです。壊れるまで使うのです。(当分は壊れそうな感じはしませんでしたが・・・・)

a0282071_192514.jpg


休憩の間に前のほうに行きオルガンの撮影もしました。素敵ですね~オルガンだけの演奏も聞きたいです。

a0282071_1931172.jpg


コンサート終了後に撮影した1枚。個人的な意見ですが、Straussが一番よかったです。この国の人たちの性格にStrauss は非常にあっています。ちょっと残念なのが2曲目のメンデルスゾーンのヴァイオリンコンチェルト、ソリストのVolkhard Steude氏はウィーン国立劇場付属のオケのコンサートマスターの方ですが(ちなみに国立劇場のオケはウィーンフィルのメンバーで成り立っています。)彼の音はソリストと言うよりやはりコンマスもしくは室内楽向けの音で、ちょっと変化・ボリュームに乏しかったような気がします。そしてすごく残念なことは彼の演奏はメンデルスゾーンではなかった。ただ弾いていただけって感じの演奏。でもシュトラスはよかったですよ。彼らの本領発揮という素晴らしい演奏でした。

まあ、8割満足のコンサートでしたがやっぱりコンサートはいいですね~ちょくちょく来たいです。
[PR]

by haydnstadt | 2013-12-03 19:34 | ウィーン  

ウィーンで見かけたお花屋さん

a0282071_4145682.jpg


目が回る毎日です。息子の学校が始まってから休む暇が本当にない。。。こちらの小学生帰ってくるのが本当に早い。ほぼ毎日午前中で授業が終わってしまうので送り届けてお買い物をして家に戻り掃除・洗濯・ガーデニングなどなどしているとあっと言う間にお迎えの時間。

息子を迎えに行って戻り次第お昼を作って、食べさせて、ここまでで既に午後1時30分。お昼ごはんの後すぐに宿題→日本語→算数→ピアノの練習でどんなにスムーズでも終了は3時から3時半の間。で、4時以降は毎日習い事があるので、送り届けて、息子が習い事をしている間に娘を迎えに行き、息子をまた迎えに行き家に戻るのはたいてい夕方6時くらい。でそこから猛スピードで夕食の準備をし7時には子供たちをお風呂に入れて8時にはベットに連れて行く!と言う毎日なのです。

で、ママの時間はいつもこの時間。子供たちが寝た後夜9時から約2時間。でも朝は5時に起きなければならないのでこれ以上は夜更かしはできないのです。。


a0282071_4151883.jpg


今日はそんな中、ウィーンの大使館に息子の日本の教科書のピックアップに行きました。もちろん車で行き用だけ済ませて帰ってきたのですが市内を徒歩で移動中にきれいなお花屋さんを見つけました。以前からありましたが最近グレードアップしたようで本当に綺麗!見たこともないお花が沢山ありました。10月とはいえ気温は既に12度とか・・・・コートとブーツファッションが目立つ中、ウィーンの一角は春真っ盛り。お花を買っている男性もいました。素敵ですね~
[PR]

by haydnstadt | 2013-10-02 04:33 | ウィーン  

ウィーン散歩:その4

a0282071_510827.jpg


ウィーンお散歩:その4です。病院に行き、美術館に行き、市内をもくもくと歩いていたのでこの辺で休憩です。カフェの本場ウィーンには沢山のカフェハウスがあるのですがやっぱりこのカフェハウス『Cafe Central』が一番好きです。室内の雰囲気がいいだけじゃなくてトルテが美味しいです。カフェの名門デーメルやオバラのトルテは甘さがかなり強く伝統的なトルテ。でもCafe Centralのトルテはコンディトライ(ケーキ職人の呼び名)ではなくフランス人のパティシエが作っています。

a0282071_5103213.jpg


こちらが今日注文した"クリムト"トルテ。やっぱりクリムトの作品を見た後はこのトルテでしょ~。クリムトを象徴するなんとなくオリエンタルで金箔な感じのトルテです。沢山歩いたので美味しくいただけました。

日本のガイドBookにはCafeオバラのトルテは甘さ控えめ、小ぶりで日本人向けと書いてあるのですが絶対にCafeCentralのほうが上品。まあそれなりに甘いですけど他のお店よりも甘さは抑えてあるように私は思います。まあ、好みの問題ですが。。。まだ行ったことが無い方は是非一度訪れてみてください。お勧めです。
[PR]

by haydnstadt | 2013-04-12 05:26 | ウィーン  

ウィーンお散歩:その3

a0282071_44874.jpg


さて、ウィーンのお散歩:その3ですが前回のアレベルティーナ宮殿の横を北上すると王室の結婚式を司る宮廷教会だったアウグスティーナ教会が左手に見えてきます。そしてさらに進むとダンスの名門学校『エルマイヤーダンススクールがありました』入り口は意外と普通でした(笑)

そしてスペイン乗馬学校の横を通ると、じゃ~ん"スタバ”です(笑)この歴史あるウィーンの街並みにアメリカ・シアトルから来たカフェハウスがよくマッチしています。日本でスターバックスは1000店舗くらいあるらしいですがオーストリアではまだ10店舗以下と言う記事を読みました。将来的にはもっと増やしていくつもりらしいです。

伝統的なカフェハウスよりもスタバのようなカジュアルで、チップも渡す必要が無いほうが気軽に入れるのかもしれませんね。しかも禁煙だし。もっと店舗ができて欲しいです。アイゼンシュタットにもできればいいのにな~

a0282071_4484181.jpg


もう何回も登場しているミヒャエル門です。いつ見ても圧倒されます。お馬さんたちもお行儀よく待っていますね。いつもあるウィーンの光景ですがいつ見ても絵になりますね~。

a0282071_449898.jpg


                    おまけ:エルマイヤーの看板
[PR]

by haydnstadt | 2013-04-11 05:10 | ウィーン  

ウィーンお散歩:その2

a0282071_4162845.jpg


さて前回の続きですが国立劇場の裏手方向にアルベルティーナ宮殿という王宮の一部だった建物があります。現在はデューラーやレンブレント、ルーベンスといった巨匠の作品が収められている美術館となっています。美術館は地上よりも高いところにあるのでここからみたウィーンはまた違う感じに映りますね~

右の建物が国立劇場で左の建物がホテルザッハーです。

a0282071_419165.jpg


                     新緑の時は綺麗そうですね~

a0282071_419371.jpg


     奥のほうに見えるトンネルと超えるとミヒャエル門前に着きます。
[PR]

by haydnstadt | 2013-04-10 04:33 | ウィーン