オペラ『I due Foricari』

今週の月曜日、ウィーンのTheater an der wienと言う劇場でベルディー作曲I due Foscari(二人のフォスカリ)と言う悲劇をオペラを見てきました。なんとこの日はあの世界3台テノールと言われたドミンゴが歌うと言うことですっごく楽しみにしていました。73歳と言う高齢になっても彼の演奏はとても魅力的で劇場の空気を変える力を感じました。さすがマエストロですね。10年前にハンブルクで聞いた時に比べるとやはり声に艶がなくなったかなと感じましたが何十年と歌ってきたテクニックと演技力には感動するばかりでした。やっぱりオペラはいいですね~

a0282071_529502.jpg


             カーテンコ。演出も素晴らしかったです。

a0282071_5301937.jpg


                      マエストロ・ドミンゴ

a0282071_5304551.jpg


   演奏後の拍手がとまらなく、30分以上もカーテンコールが続きました。

a0282071_531914.jpg


なかなか帰らない観客たち!この瞬間にいられたことは本当にいい思い出になりそうです。
[PR]

by haydnstadt | 2014-01-25 05:46 | ウィーン  

<< 息子の初競泳! ぽかぽかサンデー >>