ウィーン国立劇場

今日はウィーン国立劇場で行われたバレエ『くるみ割り人形』を見に行ってきました。国立劇場で行われるオペラ・バレエのチケットをゲットすることは非常に難しいと言われています。公演の2ヶ月前に一般販売されるのですがほんの数分で完売です。特にオペラの人気はものすごく私もまだ一度もゲットできたことがありません。

今日行われたバレエも公演2ヶ月前の10月29日の発売開始とともにチケットショップに駆け込んだのにもかかわらずのこりは数枚といった感じでした。しかもその残りの数枚は€189もしくは€10と言う2枚。。。さすがに€200近いチケットは私にはムリなので€10のほうを選びましたがなかなかいい席でした。運良くゲットでき本当に良かったです。

a0282071_510540.jpg


           じゃん!!こちらが正面入り口の階段。豪華ですね~

a0282071_5103392.jpg


                           天井もピカピカ

a0282071_5105992.jpg


        そしてホールの中!!さすがウィーン国立劇場!オペラハウス!

a0282071_511221.jpg


                          オケピットと舞台。

a0282071_5114172.jpg


                          カーテンコール。

クララ役は日本人のKiyoka Hashimotoさんでした。安定したテクニックと豊かな表現力に聴衆も引き込まれカーテンコールの時は『ブラボー』の嵐!!見ていて気持ちが良かったです。しかし!全体的なレベルはロンドンのロイヤルバレエのほうが断然に上って感じです。一人ひとりのテクニックと細かな表現がなんとなくずれてるんですよね。。。ウィーンの国立劇場の舞台はバレエにしてはちょっと小さいかな。。とも思いますので大勢になると込み合っている感じがしてあまり美しい舞台ではなくなってしまう感じ。。そしてオーケストラはウィーンフィル管弦楽団なのですが、微妙な演奏でした・・・クラリネットの方あきらかに音はずしていたし。。オーボエのソロもなんかボリュームが足りなくてえっ??って感じ。チェロは少人数にもかかわらず非常にいい音を出していました。が、しかし時々第1バイオリンが微妙にずれる。。。。。クリスマス明けでお疲れなのかな。。。。と言う演奏でした。でもやはり舞台はいいですね~晴れやかな気分にしてくれます。
[PR]

by haydnstadt | 2013-12-30 05:43 | ウィーン  

<< 新年明けましておめでとうございます。 Merry Christmas >>