息子の学校生活

a0282071_4322793.jpg


息子の小学校が始まりあっと言う間に3週間が経ちました~息子のクラスを青で囲みました。4年間同じ先生で同じ教室でメンバーも変わらず学ぶのです。

いや~息子も私もこの生活に少し疲れが出てきています。私は兎も角息子は環境も変わり習い事も月曜日から土曜日まで毎日あると言うハードな生活です。

学校の授業と言うのは朝8時に始まり月・火・金は11:45分で終了し水・木は12:40分で授業は終わりです。授業が終わると児童も先生もサヨウナラで家に戻るのです。しかし親が共働きの家庭は同じ学校内にキンダーハイム(日本で言う学童みたいな放課後教室)がありそれぞれの教室(たぶん4クラスある)に行きます。このキンダーハイムは縦割りなのでお姉さんお兄さんと一緒。やはり一クラス20人くらいかな。

で、息子は火曜日と金曜日は授業の後、午後2時までキンダーハイムで過ごします。キンダーハイムの先生は担任の先生ではなくてキンダーハイム専門の先生と言うのが11時くらいから来てその日の放課後の準備を始め子供たちを待ちます。また昼食は日本で言う給食のおばさんが来てくれて食事を作ってくれるそうです。キンダーハイムでまずすることは宿題!そしてその日のプログラムに参加したり遊んだりします。なので仕事から帰ってきてそのあと子供の宿題を見る必要が無いのです。また緊急事態のときにも快く対応してくださり火曜日金曜日以外も電話1本で先生が息子をクラスまで迎えに行ってくれます。私も親知らず抜歯後緊急事態をお願いしました。しかし予定には無いお預かりは1日7ユーロ(800円くらい)なのでけっして安くは無いですが安心して子供を預けられます。(注意:放課後のクラスは料金がかかりますが週2日お昼込みで月26ユーロくらいなので激安な学童保育となります。毎日5時までコースでもお昼込みで100ユーロくらい日本円で12000円くらいかな。)

こちらはやはり母親が働きやすい環境が出来上がっていますね。日本もこのようなシステムを少し取り入れればなかなかじゃ入れない学童問題もなくなると思います。

そして息子の習い事ですが・・・

月曜日:スイミング教室
火曜日:ハンガリー語(これは学校の放課後のプログラムの1つで無料で受けられます。)
水曜日:音楽教室(ハイドンコンセンバトリュームにて)
木曜日:合唱(こちらもハイドンコンセンバトリューム)
金曜日:ピアノ(こちらは息子の学校内に市の音楽教室が入っていてレッスンの時間になるとピアノの先生がキンダーハイムまで迎えに来てくれます。と言っても音楽教室は1つ上の階なので時間がわかるようになったら一人で行けるかな。)
土曜日:スイミング教室

といった感じです。まあ習い事と言うよりは遊びに行っている感じで本人もけっこう楽しそうです。コンセンバトリュームは学生の方の実習のようなクラスなので大きなお兄さんたちに遊んでもらってるといったほうが合っているかもしれませんね。かなり喜んでいます。

がスイミングのクラスが上がりトレーニングのクラスに通い始めたのでこの習い事がけっこうきつそうです。でも結果はあきらかでなんと500メートルも泳げるようになっていて今はバタフライの練習をしているそうです。すご~い!!!私は500メートル泳げないしバタフライなんて全くできないです。継続は力なりですね。そして最近よく食べるようにもなりました。スイミングの後は夕食後しばらくしてトースト3枚とか食べるんです!!すごい!男の子の食欲!うわさには聞いていましたが・・・といっても息子はまだ20キロしかなく細~いのです。まあ半分日本人だから仕方ないのですが。。。

この生活に慣れるのにもう少しかかりそうですがそのうち体力もついてくるでしょう~
[PR]

by haydnstadt | 2013-09-21 05:15 | Eisenstadt  

<< ハイドンフェスティバル最終日 親知らず抜歯後 >>