ベートーヴェン ミサ・ハ長調

a0282071_3511136.jpg


は~終わりました~感無量。こちらの人の本番能力ものすごいです。普段の倍の力を発揮していました。これが音楽の国の底力って感じです。音楽の魂が全ての人の中にありこのような演奏会でその魂は演奏会開始のベルとともに目覚めオーケストラの奏でる音に反応し答え、偉大な作曲家の魂までもが呼び寄せられたかのようなでまさにベートーヴェンの魂が宿った演奏となりました。

もちろん私たちは素人なのでそれぞれのパートがなんとなく自信がない箇所とかもあるのですがそんなことも感じさせない力づよい本番だったと思います。オーストリア人にあっぱれです。

この写真は本番直前前。なんてリラックスしているのでしょう~

a0282071_3513061.jpg


オケはハイドンオーケストラの皆さん。こちらも素人さんたちですが中にはプロオケに所属している方もいます。トランペットの方はプロの方で日本にも公演に何回も来られている方です。ちなみに娘のお友達のパパさんです。幼稚園のクラスも同じですし1歳の時の音楽教室でも同じクラスだったのです。

a0282071_351589.jpg


パパと息子と娘発見!2時間以上あるミサ、愚図らずによく頑張りました。

a0282071_3521386.jpg


すごい人発見です!オルガンの方なんですがウィーンの王宮の宮廷教会アウグスティーナ教会のオルガニストのRobert Kovacs氏だそうです。で、・・・・・とってもとってもよく見たら息子のクラスのお友達フローリアン君のパパさんだったのです!!!!

えーーーーーーーーーー!!!!すごいことです。終了後早速家族でご挨拶に行ったら彼も驚いていました。そうですよね~共演したことになります(笑)毎朝下駄箱でお見かけするので明日も会うと思います。アイゼンシュタット音楽家の方が多いですね~
[PR]

by haydnstadt | 2013-09-09 04:23 | イベント  

<< 親しらず抜歯 2013年 ハイドンフェスティバル >>